« 今年も「津波と綾里博物館展」を開催します | トップページ | 「津波と綾里博物館展 歴史・復興・住まい」を今年も開催いたします »

2016年7月19日 (火)

「自分にあわせてまちを変えてみる力」を刊行しました

少し前のことなのですが、最初の売れ行きが収束したようなので宣伝がてら・・
2007年頃より行っていた、東アジア(韓国と台湾)のまちづくりの調査をまとめ「自分にあわせてまちを変えてみる力」と題した本をつくりました。

-
1
■結構目立つ表紙なので、書店で是非ともお手にとってください。デザインは酒井博子さん
-
幾つかの財団の助成金をいただきつつ、日本、韓国、台湾でそれぞれ研究グループをつくり、それぞれの国の歴史を調べ、それを共有した上で、お互いの国の先駆者にインタビューをしたり、現地を見に行ったりする、というフォーマットですすめていた研究で、フラットにお互いのことを学びましょう・・という研究でした。
その後、プロジェクトはひと段落したので、本にまとめることとし、萌文社さんに編集と発行を引き受けていただき、幸運なことに、住総研の出版助成もいただくことができて刊行にこぎつけることができました。
---
内容は大きく4つのパートに分かれています。
2
最初のパートはこの本のタイトルでもある「自分にあわせてまちを変えてみる力」の解説。韓国と台湾の現場をみると、日本のまちづくりの現場と少し似ていて、少し違う世界が展開されており、その微妙なずれから「これ結構簡単に日本でもできるなあ」と、「やってみたい心」がくすぐられることが多くあるのですが、その「やってみたい心」の源泉となる力は何なのだろう?ということを考えたパートです。
-
2番目のパートは「25のカタログ」で、この本のメインディッシュである韓国・台湾のまちづくりの事例集です。一般的な「〇〇市△地区」というような、場所ごとの紹介ではなく、やっている事例のスタイルごとの紹介となっています。下の図はその一覧です。
3
-
3番目のパートは「4人の専門家との対話」で、この本で見てきた事例を眺める視点を、加藤文俊さん、石川初さん、山代悟さん、青井哲人さんとの対話から考えています。この対話では4者4様のモノの見方が得られて、本当に面白かったです。
4
-
最後のパートは、韓国と台湾と日本のまちづくりの歴史をまとめたパートです。3つの国の、どこか似ていて、どこか違う歴史を、図のようなまちづくりの誕生ーモデル化ー一般化の3段階でまとめてみたものです。
5
-
つくっている時は紆余曲折があり、「ホントに出せるかなあ?」という時期もあったのですが、そのぶん、装丁やグラフィックに、いつになく力を入れた(あくまでも、都市計画の本としては、という話ですが)本です。実はこのブログの記事にあるへなちょこ手書きイラストは饗庭の自作なのですが、本体には、酒井博子さんの手によるきりっとしたイラストがたくさん収められています。是非とも書店でお手にとっていただくか、ご注文いただければと思います!
出版社のHPはこちら
amazonはこちら

|

« 今年も「津波と綾里博物館展」を開催します | トップページ | 「津波と綾里博物館展 歴史・復興・住まい」を今年も開催いたします »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154646/63935484

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分にあわせてまちを変えてみる力」を刊行しました:

« 今年も「津波と綾里博物館展」を開催します | トップページ | 「津波と綾里博物館展 歴史・復興・住まい」を今年も開催いたします »