« 2016年度の饗庭研究室修士論文 | トップページ | 現代の都市をハワードの目線で読んでみよう/「明日の田園都市」の書評 »

2017年4月 3日 (月)

グローバル都市東京を学ぶツアーマップができました

東京都都市づくり公社から寄附をいただいて、3つの講座を開いているのですが、最も組み立てに頭をひねっている授業が「グローバル都市東京研究」という授業です。
これは、学生たちが海外(アジア)の学生に東京を案内するスタディツアーをデザインして、1日案内をして、議論をするというもの。
-
Dsc_2865
2日間のツアーはこんな感じで終わります。手前の慌てた感じに注目。
-
単なる観光ツアーや、ディープ東京ツアーのようなものではなく、大都市を考える論点が表出しているようなところをまわり、考える。そしてついでに英語に関する色々な力を身につける。たぶん、他の大学には無い、オリジナルの授業ではないかと思います。たとえば1週間くらい、海外で当地の大学とじっくり合宿をして、アーバンデザインの提案をつくるようなプログラムはそこそこあります。あるいは、海外の都市に行ってひたすら都市ツアーをするようなプログラムもそこそこあります。狙ったのはその中間くらいです。
-
Dsc_2807
今年は東京の墓問題に切り込んだグループがありました。
-
3年間で合計9つのツアーが企画されました。ネタもたまりましたので、ここらで地図にまとめようかーと思い、カイシトモヤさんの事務所(担当は前川景介さんと原田祐里江さん)にお願いして素敵な地図を作ってもらいました。
-
Map
ツアーは全部で9本。秋葉原キャンパスを使っているので、都心ばかりです。
-
ここに置きましたので、ご興味の方はダウンロードください。
同じコンテンツのweb版はこちらからも見ることができます。
2017年、18年、19年と、もう一セットこの地図ができるところまで続けたいと考えています。
-
Omotesml

|

« 2016年度の饗庭研究室修士論文 | トップページ | 現代の都市をハワードの目線で読んでみよう/「明日の田園都市」の書評 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154646/65091875

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル都市東京を学ぶツアーマップができました:

« 2016年度の饗庭研究室修士論文 | トップページ | 現代の都市をハワードの目線で読んでみよう/「明日の田園都市」の書評 »