« 中国でまちづくり! | トップページ

2017年6月18日 (日)

津波で流されたところの景観を復元するプロジェクト(中間報告)

ここ1年くらいかけて、大船渡の綾里地区で「低地の景観復元」のプロジェクトに取り組んでいます。
これは住宅総合研究財団の助成金もいただきながら進めているプロジェクトなのですが、大津波で流されてしまった低地のエリアが、かつてどのような街並みだったのかをインタビューして、それを3Dの景観画像にまとめていこう、というプロジェクトです。綾里での最後の大仕事になるかもしれません。
低地の景観を復元する方法は、神戸大の槻橋先生の「記憶の街」のように、模型を媒体とする方法があるのですが、これはARC-GISをベースとしたCity Engineというアプリをつかって、3Dのモデルを立ち上げて屋根や壁の部品をパカパカ貼り付けていく方法。何度でも直しがききますし、だんだん完成に近づけていくことができます。このへんの技術は、筑波の村上暁信先生や、首都大の熊倉永子先生が開発した技術がありましたので、一緒に関わっていただいています。
-
13458559_1000894636652927_827735176
-
お一人よりも複数人のほうが会話をしながら記憶が掘り起こされていくので、調査には2−3人の方にきていただき、組になってお話を伺っていきます。持ってきていただいた図面や写真を見つつ、プロジェクターで映写したものを住民の人たちに見ていただきながら「こっちはこんな感じ」「もうちょっと色が違う」という風に作り込んでいきます。
-
13392035_1000894606652930_414603955
-
驚くのは、一組あたり、2〜3時間程度の、高い密度のインタビューが出来ること。最初のころのGISは、正直なところまだ不完全なもので、家が地盤に埋まっていたりしたのですが、みなさんあっという間に引き込まれ、出されたお茶も飲まずに、時には目をつむってアタマのなかに街並みを思い浮かべながら、丁寧にお話をしてくださいました。
-
10480080_939827819426276_8369936046
-
間取りを聞くと窓や扉の位置がわかるので、一軒一軒の間取りも聞いたりしながら進めるので、めっぽう面白いのですが、めっぽう手間がかかります。これまで4回くらい調査に入り、これまで30人強の方にお話が伺えたので、じわじわと出来上がってきました。とはいえ、今年の春にみていただいたところ「なんか違うなー」ということだったので、完成がまだ見えず、夏の調査にむけて作業を進めているところです。
-
Scene
-
この復元作業とあわせて、災害後の空間(綾里では集団移転と、個別移転と、公営住宅それぞれが完成しています)の調査も進めており、それぞれの方の空間が、災害前後でどのように変化したのか、その要因はどこにあるのかを明らかにしようと考えています。そもそも空間には無頓着な人が多いので、その背景にある、無意識的に「かわらないもの」を明らかにできればいいなあ、と考えているところです。

|

« 中国でまちづくり! | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154646/65428487

この記事へのトラックバック一覧です: 津波で流されたところの景観を復元するプロジェクト(中間報告):

« 中国でまちづくり! | トップページ