« ケルアックとビートジェネレーション | トップページ | 若者からはじまる民主主義 »

2021年7月28日 (水)

参加型デザイン実習2021

前期の授業がほぼ終わったので、ぼちぼちと報告を。
学生たちが公共空間を手作りする「参加型デザイン実習」という授業があるのですが、今年はほぼ予定していた通りのプログラムで開講することができました。7月10日が発表会。
昨年に大幅にカリキュラムを変え、学年があがってきた都市政策科学科の3年生(ほとんど文系)と、いろいろな大学からやってきた有象無象の大学院生をまぜ、初対面も多い素人っぽい学生が集団で公共空間をどう組み立てるのか、という命題に取り組むものです。教え手側は饗庭に加え、市川竜吾さん、佐藤研吾さん、そして最終回ゲストは山根俊輔さんという、いっぷう変わった建築家の人たち。
カリキュラムの最初は「エクササイズ」と呼んでいるワークショップのプログラム。初回の「大きさと形」は寸法と図形を屋外に持ち出してあちこちに置いて体験するというプログラム、2回目の「見立て」は台車に机や椅子を積み、やはりそれをあちこちに置いて体験するというプログラムです。これらで体をならした後に「何を明らかにするのか」というお題を立てて持ち寄った上で、グループをつくり、お題を解くための形を作っていく・・というものです。形をつくるときには、ほぼ図面は引かず(引けず)、学内で場所を探し、そこでエクササイズ的なものを行いながら、ああでもない・・と決めていくようになりました。建築の学生とこういった作業をするときは、途中で必ず図面化のプロセスが入るのですが(そこで必ず「こんなの作りたかったんですよ」という思い入れのようなものが発露する)、それをほとんど経ずに、エクササイズで得た感覚から形をつくるところまでつなげていくことができたのは、面白い発見でした。
---
全部で6回の授業で空間を組み立て、あとは平日の昼間に授業の合間を縫って試行錯誤し、その結果を最終的に発表するというもの。それぞれのグループが立てたお題は「お一人さまと賑やかさ」「実用的なもの」「休憩」「自然」といったもの。なんだかぼんやりしているように見えますが、空間を組み立てながら検討しているので、ぼんやりした言葉を、あえてそれ以上言語化せずに空間化し、それを日常の言葉で語りなおしていくような、そんな作業ができたように思います。発表も「こんな空間を作りました」という発表ではなく、「こんなお題を立て、それをこういう試行錯誤の上で解いていきました」という、なんというか、都市政策的な発表でした。
---
終わってみて、この6回をうまく再編成したら、普通の市民向けのワークショップに使えるなあ・・という、次なる展開がむくむくと・・。

225759945_4102842093124817_1784038395398 221441796_4102843556458004_1101142718995 221282912_4102840256458334_2472294715145 225474047_4102844919791201_4626304460951

|

« ケルアックとビートジェネレーション | トップページ | 若者からはじまる民主主義 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。